アンヴィーネ 保谷

LOCATIONロケーション

image photo

あなたの想像を超える、駅徒歩3分へ。

現地(14階相当・平成29年10月撮影)より撮影した写真をCG加工したものに外観完成予想図を合成。

地上14階から南面に低層住宅が広がる開放的なロケーション。

「アンヴィーネ 保谷」の南面は低層住宅が広がる街並み。
地上14階建ての「アンヴィーネ 保谷」なら、頭ひとつ抜けた眺望を満喫。

南面に低層住宅が広がる街並みを見晴らす、
ひとつ上の開放感を享受。

※現地周辺の概念イメージ
※概念イメージは計画段階の図面を基に描いたもので、実際とは異なります。

駅徒歩3分の近さにありながら、低層住宅が広がる現地南側。

現地周辺の航空写真
※掲載の航空写真は2018年2月に撮影したものに一部CG加工を施しており、実際とは異なります。また、現地を表した光は建物の規模・高さを表したものではありません。

各指定地域での建築物の規制:◯=建築可 △=免責等の制限がある ×=建築不可
上記表は用途地域の概念を記したものであり、詳しくは建築基準表をご参照ください。
※1:高等専門学校・専修学校等を除く。※2:店舗・事務所との兼用住宅は、制限の範囲内で立てることができます。

現地(14階相当・2017年10月撮影)より撮影。※一部合成加工しています。周辺環境,眺望等は将来保証されるものではありません。
用途地域概念図
※用途地域図をもとに航空写真(国土地理院「地図・空中写真」より参照)に合成加工したもので、実物とは多少誤差がありますので予めご了承ください。

〈用途地域とは〉

用途地域(ようとちいき)とは、都市計画法の地域地区のひとつで、用途の混在を防ぐことを目的としている。
住居、商業、工業など市街地の大枠としての土地利用を定めるもので、第一種低層住居専用地域など12種類がある。
都市計画法に基づいて、おおむね5年に一度、全国一斉に用途地域は見直される。